バイブオナニーで中イキしたい人必見!イケるバイブオナニーのやり方

今回はバイブオナニーで中イキしたい人に向けて、イケるバイブオナニーのやり方について紹介します。

この記事をじっくり読んで同じバイブオナニーのやり方をしていただければ…

あっイキそう!

ジーーーーーーーンッ!

みたいな感じで(笑)バイブを使って嫌なこともぶっ飛ぶほど気持ち良いオナニーができます。

「バイブでオナニーしていけたことがない」

「バイブってイクよりも先に手が疲れちゃって…」

「バイブオナニーが本当に気持ち良いなら、これから買おうと思ってる」

そんな人にこそぜひ読んで欲しい内容になっています。

 

先に言っておくと…

バイブオナニーで中イキできるようになると、クリでイクよりも強い快感を得ることができます♪

 

バイブオナニーの本当の気持ち良さを経験していないのはもったいないです!笑

なんとなくオナニーするのとは全然違います。

それではバイブオナニーのやり方について紹介しますね。

 

バイブオナニーで気持ち良くなるためには準備が欠かせない

バイブオナニーの準備

バイブオナニーは膣内にバイブを挿入して快感を得るオナニーです。

そのためクリを刺激するオナニーとは違って、バイブオナニーの場合は少し準備が必要になります。

その分、クリを刺激するよりもバイブオナニーは気持ち良いのですけどね。笑

清潔にオナニーするためにも、バイブオナニーの準備は手を抜かないようにしましょう。

バイブオナニーの準備に必要なもの。

バイブオナニーに必要な物
  • ローション
  • コンドーム
  • お湯
バイブオナニーを清潔かつ気持ちよくするためには、この3つをあらかじめ準備しておきましょう。

なぜこの3つが必要なのかというと・・・

 

・ローションがあればバイブをヌルっと滑らかに動かせる。

ローションの画像

バイブオナニーは振動するバイブを膣内に入れます。

そのためバイブを挿入するときにスルッと入るようにするために、ローションが必要になるのです。

普段から濡れやすいという人は「ローションなんて必要ない」と思いがちなのですが、オナニーの場合はセックスと違って相手がいません。

そう、濡れる状態にまで自分自身でもって行かないとダメなのです。

なのでセックスの時に濡れやすいのとは別物だと考えておいてください。

(いきなりゴム状の棒を挿入するって無理ですよね…笑)

 

ちなみにバイブオナニーに使うローションは膣内にも使えるローションが安全です。

 

バイブオナニーに慣れてくると、ローションがなくても濡れるようになってきます。体がバイブオナニーの気持ち良さを覚えてくれるので。笑

 

・コンドームを使えばバイブを清潔な状態でキープできる。

コンドームのパッケージ画像

最近のバイブは洗えるように防水加工がされているものがほとんどです。

そのためバイブオナニーをした後は水で洗うことができます。

 

しかし、水で洗えるとはいっても繰り返しバイブを使うのならば清潔な状態をキープしておきたいですよね。

バイブってゴムでできているから、そのまま保管しておくとホコリがくっついていたりすることも多いです。

 

そのため、バイブオナニーでバイブを使う時には、コンドームを被せて使った方が清潔です。

(中イキで気持ち良くなりすぎちゃって、洗わずにそのままバイブを放置したまま寝てしまうこともあったりするので。笑)

バイブにコンドームをつけておけば、終わった後にコンドームを捨てるだけで良いのでアフターケアも簡単です。

 

「わざわざバイブにコンドーム…めんどくさい」

ってなる気持ちもわかります。笑

でもバイブってそこそこ値段もするし頻繁に買うものでもないですよね。

だからこそ使う時にはコンドームを使って清潔な状態をキープしておきましょう。

 

・お湯でバイブを人肌に温めればもっと気持ちよく

お湯の画像

バイブオナニーをするときには、お湯も用意しておいた方がいいです。

お湯といっても人肌程度のぬるま湯で大丈夫です。

 

なぜお湯が必要かというと…

バイブを挿入する前に人肌程度に温めておいた方が、挿入した時にバイブの冷たさにヒヤッとビックリしないからです。

「そんなのビックリする?」

なんて思われる人もいると思うのですが、セックスの時は男性のオチンチンってあったかいですよね。むしろ熱いぐらい。笑

 

それが例えば冬場とかに冷たいバイブをいきなり挿入してしまうと「冷たっ!」という感じでビックリしてしまうのです。

せっかくオナニーしようと気持ちが盛り上がってきたのに、冷たいバイブでビックリしてしまう…

そう、気分がバイブの冷たさによって下がってしまうんですよね。

なので冬場など寒い時期にバイブオナニーする時は特に、お湯を用意しておいた方がオナニーに没頭することができます。

 

ちなみに、最近では内部から温めることができるヒーター機能のついたバイブも販売されています。

 

 

バイブオナニーを始める前には

  • ローション
  • コンドーム
  • お湯

この3つを用意しておくと、清潔かつスムーズにバイブオナニーを楽しむことができます。

 

バイブオナニーのやり方!中イキするためのバイブの動かし方

中イキするためのバイブオナニーのやり方

バイブオナニーのやり方についてですが、中イキするためにはバイブを挿入して動かせばいいというワケではないのです。

バイブオナニーで中イキするためには…

バイブで中イキするためのコツ
  • 気持ち
  • 態勢
  • 動かし方

この3つが中イキのためのポイントになるのです。

最初は少し難しいかもしれませんが、クリでイクよりもバイブで中イキする方が圧倒的に気持ちイイです♪

これから紹介するバイブオナニーのやり方を覚えて、ぜひバイブオナニーをマスターしてください。笑

気持ちを高めて「バイブを挿れたいっ!」という状態に持っていく

パンツを脱ぐ女性

女性のオナニーに共通することですが、オナニーなので当然相手がいません。

なのでセックスの時とは違って、自分で自分の気持ちを「これから気持ちよくなるぞ〜準備はいいですか〜」みたいな感じで(笑)気持ちを高めていく必要があるんですよね。

バイブオナニーで中イキしたい!となると、クリでオナニーするよりも気持ちを高める必要があります。

 

バイブを挿入する前に、自分が気持ち良いと思うところを指やバイブの振動を使って、ゆっくりと刺激します。

セックスと同じで、前戯に時間をかけることで、体が感じやすく、濡れやすくなります。

バイブを何度か入り口に当てたりしてみて自分を焦らすのも良いです。

 

もしあなたがクリでイキやすいのなら、バイブオナニーをする前にクリで1度イッておくとバイブの快感を感じやすくなります。

 

バイブを挿入しやすい態勢でゆっくりとバイブを挿入する。

バイブのイラスト

オナニーの前戯で十分に濡れてきたら、いよいよバイブを挿入してバイブオナニーを開始します。

バイブを挿入する時ですが、最初のうちは濡れていると思っていても、ローションを使うことをおすすめします。

 

というのも、中イキするためには少し時間がかかるので、自分の愛液だけだと途中でバイブの滑りが悪くなってしまうことがあるからです。

なのでまず最初にバイブにコンドームをつけて、ローションをたっぷり塗っておくのがおすすめです。

ローションが垂れてベットや布団が汚れないように、バスタオルを敷いておくのも忘れずに(笑)

 

いよいよバイブを挿入するのですが、挿入する時の態勢はリラックスしてバイブを挿入できる態勢をとります。

おすすめの態勢は、背中あたりに枕か布団を敷いて少し体を丸めた状態になると、バイブを挿入しやすく動かしやすいです。

 

バイブを挿入したら、いきなり奥まで挿入するのはNGです。

まずは入り口付近でバイブの質感を確かめるように、締め付けたり力を抜いたりしていると、挿入感を感じられるはずです。

 

いよいよバイブを奥まで挿入して超気持ち良い中イキへ♪

オナニーする女性の画像

バイブを挿入し、バイブの挿入感を感じられるようになったら、いよいよ奥の方までバイブを挿入します。

バイブは女性の気持ち良いスポットに当たるように設計されていますが、バイブを出し入れしてみて、

「あっ♪ここ気持ちいい」

と感じる位置を見つけて、バイブを内側からこするように当てます。

 

中イキするためのコツですが、

バイブオナニーで中イキするコツ
  • バイブを単に激しく動かすのではなく、気持ち良い部分をさするように動かす。
  • 力を入れて締め付けたり、反対の手で下腹部を押して圧迫する。

といったことをすると中イキしやすくなります。

 

気持ち良さがピークに達してきたら、バイブを激しく動かしてみたり足を伸ばして力を入れたりすると、中イキできる可能性が高くなります。

 

 

いかがでしたか?

これが、中イキするためのバイブオナニーのやり方です。

最初はバイブの動かし方が難しかったりして、いきなり中イキはできない人もおられると思います。

でもバイブを使っているうちに動かしかたや、自分の気持ち良い場所がわかってきて、

「あっ!コレだ♪」

みたいな感じで中イキできるようになるはずです。

他のオナニー方法と違ってバイブオナニーは少し手間がかかってしまいますが、その分気持ちよさも倍増するので(笑)オナニーが好きな人はぜひチャレンジしてみてください。

 

バイブオナニーのメリット

バイブオナニーもいくつかある女性のオナニーの1つの方法ですが、バイブオナニーをすることによってメリットがあるのです。それは…

セックスの時にも中イキしやすくなる。

ということです。

 

バイブオナニーをしていると、中イキの感覚が体でわかってきます。

また自分が気持ち良い部分をピンポイントで理解できるので、セックスの時に体を動かして男のおチンチンの位置を調整すれば(笑)セックスでの中イキもしやすくなります。

 

バイブオナニーが向いている人、それはセックスの感覚が好きな人

バイブオナニーが向いてる人

当サイトPINTOSでも女性のオナニーについて紹介していますが、バイブオナニーが向いているのはどんな人かというと・・・

セックスみたいな快感が好きな人。

こういう人にこそバイブオナニーは向いています。

指やローターより、もっと気持ちよくなりたい人

オナニーする女性の画像

オナニーをし始めた頃って、まず指やローターを使ってオナニーをし始めますよね。

バイブって形がモロにおチンチン(笑)だからバイブでオナニーするってなんとなく一線を超えてしまった感がありますよね。

 

でも、指やローターでクリでイクだけだとちょっと物足りない…っていう時ないですか?

なんて言うか、オナニーだと全然性欲が満足できないって言う感覚です。笑

 

指やローターでオナニーした後に物足りない感覚になる人は、バイブオナニーが向いています。

彼氏や夫とのセックスだとできない中イキを経験したい人

セックスに満足できない女性

「彼氏のセックスが気持ちよくなくてイケない」

「夫とのセックスでイったことがない…」

などなど、セックスでイクにはパートナーの都合もあったりするので(笑)イキたいけどイケない。そんな人も多いかと思います。

でもやっぱり中イキの気持ち良さを知りたかったりしますよね?

実際、バイブオナニーをしている人はパートナーとのセックスに不満を持っている人も多いです。

 

「セックスよりバイブの方が気持ち良いとこにずっと当てていられるから気持ち良い」

なんて言う人も。

彼氏や夫などパートナーとのセックスだと中イキしたことがなくて、でも中イキで欲求不満を解消したい!

そんな人にこそ、バイブオナニーは向いています。

セックスの挿入感に慣れたい人

セックスが苦手な女性

セックスの経験が少なかったり、挿入された時に違和感があって気持ちよくないという人にとってはセックスの時の挿入が苦痛に感じてしまう人もいます。

彼とのセックスで気持ちよくなりたいのに…

と思ってもセックスの練習ってできませんよね。笑

 

そんな挿入された時の違和感や気持ち良さが分からない人にも、バイブオナニーをすることで挿入感に慣れることができます。

セックスの挿入感に慣れたい人にも、バイブオナニーはおすすめです。

 

バイブオナニーって単なるオナニーではなくて、セックスの感覚が好きな人におすすめのオナニーでもあるのです。

実は中イキって奥が深いので、

「中イキすると気持ち良すぎて涙が出てくる。」

っていう人もいるほど。

オナニーを追求したい女性は、バイブオナニーを極めてみては?

 

あ…このバイブ気持ち良い♪自分にあったバイブの選び方。

バイブの選び方

バイブオナニーはもちろんバイブ無しではできないのですが、バイブってめちゃくちゃ多くの種類がありますよね。

バイブの形や値段も様々で、中には1万円近くする高級バイブもあったり…

 

でも、バイブオナニーに使うバイブは値段が高ければ良いっていうワケではないのです。

バイブで中イキするために重要なのは、

自分に合ったバイブを選ぶ。

ということなのです。

 

例えば、奥の方が気持ち良いという人の場合は、少し長めのバイブを選んだ方が良いですし、

「バイブと一緒にクリも刺激したい」

なんて欲張りな人(笑)には、クリも刺激できるように設計された二股のバイブがおすすめです。

 

そこで、3つの種類別に人気のバイブを紹介してみますね。

初心者の人やGスポットが感じる人にはストレートタイプのバイブがおすすめ

スタンダードでシンプルな形で使いやすいのがストレートタイプのバイブです。

初めてバイブを使う人でも使いやすくておすすめなのが、このストレートタイプです。

太さも男性の指を少し太くしたぐらいの太さで挿入しやすく、程よい太さなのでGスポットにもピンポイントで当てることができます。

素材にもいろいろなものがあるのですが、おすすめなのは高品質のシリコンが使用されているタイプです。

高品質シリコンは肌触りが滑らかで、違和感なく挿入することができます。

 

クリも刺激しながらバイブオナニーしたい人には二股タイプのバイブがおすすめ

セックスの時に挿入されながらクリを触られるって気持ちよくないですか?

私は好きです。笑

挿入されているとクリって、敏感になってきますよね。

 

これ、バイブオナニーでも同じなんです。

バイブを挿入しつつ同時にクリを刺激すると、バイブオナニーがもっと気持ちよくなるのです!笑

そんな、中もクリも好きという欲張りなあなたにおすすめなのが二股バイブです。

 

バイブの根元部分に突起が付いていて、この突起がバイブを挿入するとクリを刺激してくれます。

もちろんバイブの振動が伝わるので突起部分もブーーンッと振動し、ローターのような役割もしてくれます。

バイブの挿入感とクリへの刺激を同時に感じたいのなら二股バイブがおすすめです。

 

バイブならではの強い挿入感を感じたい人はパールバイブがおすすめ。

「パールバイブ?」

バイブを知っているという人でも聞いたことがない人もいるかと思います。

パールバイブのパールは・・・そう、女性のアクセサリーのパール(真珠)のことです。

 

とは言っても本物の真珠が入っているわけじゃないですよ。笑

バイブの棒の部分にパール状のツブツブが入っているからバールバイブと言われているんです。

 

なぜパール状のツブツブが入っているのかと言うと…

このパール状のツブツブを入れることによってバイブに凸凹ができ、より強い挿入感を感じることができる。

からなのです。

 

なので、バイブオナニーの時にボコボコとした強い挿入感を感じたい人は、パールバイブがおすすめです。

パールバイブの中にはパールの部分が回転する物もあります。

 

 

バイブで人気の3タイプを紹介しましたが、気になるバイブがありましたか?

わかりやすくまとめると、

タイプ別バイブの選び方
  • Gスポットが感じる人⇒ストレートバイブ
  • 中もクリも刺激したい人⇒二股バイブ
  • 強めの挿入感が欲しい人⇒パールバイブ
といった感じで参考にしてみてください。

バイブオナニーをしている人の多くは、2種類ほどバイブを持っていたりします。

私もそうなんですけどね。笑

どういう風に使い分けてるかというと、

普段はストレートタイプのバイブでオナニーをして、休日にゆっくり時間がある時は二股バイブでちょっと強い快感を♡といった感じです。笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA